ボディ

「バストサイズ測ってみたら思っていたより2カップ大きかった!」が他人事だと思っているひとへ。

こんにちは。

よく、「下着やさんでバストサイズを測ってもらったら、今のサイズより2カップも上だった!」なーんて聞きませんか?
わたしは、

きっと鈍感な人が勘違いしてたんだろう…
自分には無縁だ…

と思っていました。

そんなある時、着替えているときに、ハウスメイトにこんなことを言われました。(着替えていても普通に入ってくる。)

ハウスメイト
ハウスメイト
「え?ねぇねぇブラのサイズ合ってないよ!え?それ冗談?冗談でつけてんの?(笑)え、本気?(笑)」

「なにふざけたこと言ってるんだ…」と思ったのですが、そのハウスメイトは元下着屋さんの店員だったので、その後日本に一時帰国した際に測ってみることにしました。(こういうことはマレーシアより断然日本です。(笑))

 

すると…

思っていたカップより4カップも上だったのです!!
信じられん…測り間違いでは…?

そんなことを考えていると、店員さんがいくつかブラジャーを持ってきてくれました。
パカパカで気まずい状態になるに違いない…と思いながらつけてみると…

とってもきれいに収まった…なんだこれめっちゃちょうどいい。
めっちゃちょうどいい(語彙力)。

中にはちょっとパカパカなものや、ちょっときつい物もありました。
それぞれ店員さんが別のサイズを持ってきてくれます。

花ちゃん
花ちゃん
同じカップでも、デザインによっても結構つけ心地が違うんだよね〜。

 

はずかしながら、それまではサイズだけみて「よし。これでいいだろう。デザインかわいいし。」と試着もせずに選んでいました。
ですが、試着は大切!ブラジャーの形によって同じカップでもつけ心地は変わります。

またバストの形は人それぞれで、それによって合うブラジャーの形も違うので、試着は本当に本当に大切です。

 

今思えば、ハウスメイトのあの反応も納得です。

ハウスメイト
ハウスメイト
「え?ブラのサイズ合ってないよ!え?それ冗談?冗談でつけてんの?(笑)えー本気?(笑)」

 

あの頃のバストは、ぜんっぜんサイズが合っていない小さいブラジャーで押し付けられて形を崩されて…
自分のバストに合っていないブラジャーをつけていると、バストの形を崩してしまうことになります。

これをきっかけに、バストケアについても考えるようになりました。

今回の大切なポイントまとめです。

  1. 自分のバストサイズを知る
  2. 自分のバストの形に合うブラジャーを選ぶ
  3. 必ず試着をする

まだバストのサイズをしっかり測ったことがないという方!まずはぜひ測ってみてください。
そして必ず試着しましょう!試着はとっても大切です。

 

いかがでしたか。

今回は、バストサイズに関する私自身の体験をまとめました。

私の情報が少しでもみなさんの笑顔につながれば幸いです。

ではまた!