聡明

キンドル(Kindle)とは?サービスとキンドル端末の魅力

よく聞くけど、キンドルって何?

私は、

「あの、電子書籍読めるやつでしょ。」

くらいの認識でした。(笑)

 

間違ってはいませんが、キンドルに少しでも興味があるのであればぜひもう少し詳しく知ってほしいところです。

「こんなものなのか」という全体像を掴んでおくことで、

  • キンドル端末は使わずにスマホでいいや
  • キンドル端末で読みたい!!!
  • 紙の本の方が良さそう

などなど、自分に合った使い方がなんとなく見えてくるはずです!

 

ここでは、キンドルってなんなのか、超基本的な知識をサクッと紹介します。

難しいことは無し!

キンドルってどんなもの?

キンドルとは…
Amazonが提供する、電子書籍配信関連サービスです。

もうちょっと詳しく!!

具体的にはどんなもの?

Amazonは超大手オンラインショッピングサイトですよね。

もともと書籍の販売から始めただけあって、書籍の品揃えはピカイチです。

そんなAmazonは、普通の書籍だけでなく電子版の書籍も数多く販売しています。

その、Amazonで購入した電子書籍を読むためのサービスが、キンドルです。

Amazonで購入した電子書籍を読むには、キンドルが必要なんだね!

実際どうやって使えるの?

キンドルのサービスは、スマホ・タブレット・PCなど様々な端末で使用することが可能です。

自分が持っている端末に、キンドルのアプリをダウンロードすると、Amazonで購入した電子書籍を読むことができます

iPhoneのアプリはこんな感じ!

スマホやタブレットにキンドルのアプリをダウンロードすると、本が読める。

本を読む専用の端末、キンドル端末も販売されている。

キンドル端末って何?

Amazonで購入した電子書籍を読むためのサービスが、キンドルでした。

このキンドルサービスの使用専用に開発されたのが、キンドル端末です。

このようなタブレット型で、電子書籍を読むことができるようになっている端末です。

電子書籍リーダーとも呼ばれることもあるよ!

キンドルの端末って具体的にはどんなもの?

「本を読む」専用の端末

キンドル端末は、キンドルのサービス専用につくられているので、「本を読むこと」に特化した端末です。

Amazon市場で本を購入することは可能ですが、それ以外の機能はないので読書に集中できます。

通知とかくると気が散っちゃうもんねー!

本物の紙のような質感

「本物の紙のような質感」

これが最大の特徴で、スマホや普通のタブレットではなくわざわざキンドル端末を使う理由です。

E-inkという特殊なインクを画面上に表示することで文字が表示されるので、光が直接目に当たることがなく、疲れにくい設計になっています。

スマホみたいに反射してないね!本当に紙みたいだー!

キンドルサービス専用に開発されたキンドル端末がおすすめ!

特殊なインクで、本物の紙のような質感

キンドルアプリもキンドル端末も、どっちも使える!!

私は、基本的にはキンドル端末で読書をしていますが、スマホアプリも持っています。

スマホやタブレットで読書するのと、キンドル端末で読書するのにはそれぞれの良さがあります。

ここでは、それぞれの違いに着目して、良さを紹介していきます。

スマホやタブレットの良さ

カラーのハイライトが使える

キンドル端末もスマホなどの端末でも、本の中の文章をハイライトすることができます。

ただし、キンドル端末の場合は白黒のみです。

対して、スマホなどの端末の場合はカラーでハイライトできるんです!

下の画像のように、4色選べます!

色合いがかわいいね!

色分けなどでこだわってハイライトしたい場合は、スマホなどの端末のほうがおすすめです!

スキマ時間を活用しやすい

出かけた先で、ちょっとできたスキマ時間を活用しやすいのが、スマホです。

もちろんキンドル端末も小さいので持ち運び便利ですが、忘れた場合や人が多くてカバンをガザゴゾできない場合に備えて、スマホでも見れるようにしているイメージです!

スキマ時間大切!

キンドル端末の良さ

目が疲れない

キンドル端末の良さとして、E-inkで表示されるので目が疲れないという点を挙げました。

実際にキンドルの端末で、2〜3時間続けて読みましたが紙の本と同じくらい疲れませんでした!

目の疲れが気になる人にはキンドル端末が本当におすすめです!

通知などの誘惑が入らない

読書に集中したい場合、スマホだと通知がきてしまって集中できないのが難点。

キンドル端末であれば、読書に特化していてそれ以外のことはできないので、集中して読書ができます!

自分にあった読書のスタイルを見つけよう!

それぞれに良さがあるので、「絶対みんなこれを使うべき!!!」という答えはありません。

ぜひ、自分にぴったりの使い方を見つけてみてください!